確実な施工をしてくれます

アライグマ

信用のおけるアライグマなどの害獣駆除業者は、料金体験がい明確で調査や見積もりは無料で行ってくれます。アライグマは可愛いですが凶暴なので、自宅に住まわれてしまった場合には信用なおける業者に駆除をお願いするようにしてください。

More Detail

害獣の被害を避けるために

スタッフ

野生のアライグマは凶暴なので、近寄らせないためにも餌付けをしないことや庭木の剪定といった工夫が必要です。アライグマに住まわれてしまうと住宅設備や健康面に被害を与えるので、速やかに駆除をするようにしてください。

More Detail

見た目は可愛いけれど

住宅

見た目にはタヌキにも似ているアライグマは、しかしながら見た目の愛くるしさと違って意外と気性が荒く、飼育が難しい動物です。そのためにペットとして飼育していたものが野生化し、現代では駆除対象の外来生物に分類されています。

More Detail

被害を食い止めるために

女の人

専門業者に依頼

現在では、アライグマによる畑や住宅内の台所での被害が増えてきています。アライグマはもともとは日本の動物ではないのですが、ペットとして飼うことがブームになった時に、数多く海外から輸入されてきたのです。しかし手先が器用なことから逃げ出すアライグマも多く、それらが野生化して、畑の作物や台所の食べ物をあさるようになったのです。被害が増えているため、駆除もさかんにおこなわれるようになっています。とはいえ外来生物法により、個人が勝手にアライグマを捕獲することは禁じられています。そのため駆除は、捕獲の許可を得ている害獣駆除の専門業者に依頼することになります。追い払うだけなら個人でもおこなうことが可能ですが、その場合は再び被害がもたらされる可能性があります。そのため多くの人が、専門業者に任せているのです。

罠で捕獲

専門業者は、基本的には駆除作業を罠を使っておこないます。たとえば屋内にアライグマが侵入していた場合には、その通り道や出入口とされている部分に罠を設置しておき、屋内から煙でいぶり出すのです。すると、逃げようとしたアライグマが、その罠の中に飛び込んでくるわけです。しかしアライグマは、先述したように手先が器用な動物です。そのため単純な構造の罠だと、自力ではずして逃げ出す可能性もあります。そのため、その器用さを利用した罠が使われることもあります。細い筒状の罠で、中に餌が入っていると、器用なアライグマは手を奥まで入れて、餌を取り出そうとします。その瞬間、罠が作動して、手が挟まれるという仕組みになっています。片手が挟まれているので、はずすことができず、高確率で捕獲することができるのです。